審美歯科 | インプラントを京都でお考えならご相談ください


審美歯科

審美歯科

審美歯科は口元や歯に対する美意識の高いアメリカで生まれた治療分野です。日本では芸能人がそういった治療を受けていることで話題になり、関心が高まってきましたが、アメリカ人にとって口元の美しさは、ステータスシンボルとなる重要なポイントなのです。歯のいろいろなコンプレックスを感じてしまう方や虫歯の治療跡が気になる方にはオススメです。
歯の色や歯並びの悪さは精神的にも大きな影響を与え、その悩みは心の悩みとつながることもあります。白く美しい歯で、心身ともに健康になりましょう。
「ニッコリ」笑顔に自信はありますか?
痛くない、噛めるというだけで満足ですか?審美補綴の治療で「より美しく、自然な歯を」取り戻しましょう!
方法としては大きく分けて以下の4種類の方法があります。

セラミックインレー

インレーとは、虫歯を削り取った後の歯に埋める詰め物です。

インレー(詰め物)には従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。
セラミックを使用することにより、治療箇所が目立たず、非常に健康的に見えます。

インレー(詰め物)

ラミネートベニア

ベニアとは、歯の修復箇所に張り合わせる薄片です。

歯の色がくすんだり、ケガなどで歯の一部が欠けたりなどの悩みには、セラミックの薄片を張り合わせる治療を行うことで解決します。天然歯の形、健康的な色つやに再現します。

ラミネートベニア

セラミッククラウン/ブリッジ

クラウンとは、虫歯を削り取った後に歯の全体を覆う被せ物、
ブリッジとは、欠損歯を両側の歯を支えにして修復する治療方法です。

虫歯の進行具合によって被せ物やブリッジによる治療となります。セラミックを使用することで、金属や歯科用プラスチックでは得られない透明感のある白い歯の輝きを取り戻すことができます。

一本欠損の症例

歯の治療の流れ

審美症例

■65才女性

20本の天然歯をセラミックに置換

■63才女性

上顎8本をセラミックにて修復

ホワイトニング

歯の老化や、タバコ、お茶など着色要素のある嗜好品によって着色した歯の表面を白くする方法です。

ページトップヘ


  • HOME
  • 院長プロフィール
  • 当クリニックの特長
    • インプラント
    • 金属床義歯
    • 審美歯科
    • インプラント 症例
  • よくあるご質問
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • 研究活動報告