よくある質問 | インプラントを京都でお考えならご相談ください


よくある質問

よくある質問

インプラントって何がいいの?
大きく分けて3つのメリットがあります。
メリット1:
入れ歯は口の中で動きやすく不安定ですが、インプラントにするとあごの骨に直接固定されるので、動くことはほとんどありません。 また、単にあごの骨に埋められているだけでなく、あごの骨と直接結合してまるで、生きている骨として、取り込まれたように安定した状態になるので、天然歯と同じような感覚を得ることができます。つまり、振動もそのまま骨に伝わり自然な体の一部と感じることができます。
メリット2:
歯が抜けてしまうと歯根が埋まっていたあごの骨もだんだん少なくなっていき、ぴったり合わせて作った入れ歯もずれるようになってしまいます。しかs、インプラントにすると骨の減少を防ぎ、かえって骨の代謝を促し健康なあごの状態の維持につながります。
メリット3:
インプラントは、歯が一本だけ抜けた人から一歩も残らずに抜けてしまった人まで幅広く利用できます。

ただし、インプラントにも適応の限界があり、あごの骨の少ない人または、十度の成人病をお持ちの患者さんには、不向きですので、インプラントをされる場合はご自身の健康チェックをされるのが必須となります。一度歯科医にご相談されることをお勧めいたします。
最近よく聞くインプラントって何?
インプラントとは人口歯根治療とも言われ、失った歯の根に当たる部分のあごの骨に人口の歯根を埋め、その上に人口の歯を固定するものです。
歯を白くする方法はないの?
たばこを吸っていないのにだんだん歯が黄色くなっていったりすることがありますね。
今までは歯を白くするには、歯を削ってプラスチックやセラミックで覆うしか方法がありませんでしが。しかし最近ではブリーチングといった方法が注目されています。
ブリーチングとは、人工的な材料を使わずに、あなた自身の歯を白くする方法です。
漂白剤を歯に塗り、光を当てるといった簡単なものです。これを3?4回繰り返し行います。
歯科医院で歯科医師が行う安全な治療です。興味のある方は、お近くの歯科医院に相談されてはどうでしょうか?
歯を白くする方法はないの?
たばこを吸っていないのにだんだん歯が黄色くなっていったりすることがありますね。
今までは歯を白くするには、歯を削ってプラスチックやセラミックで覆うしか方法がありませんでしが。しかし最近ではブリーチングといった方法が注目されています。
ブリーチングとは、人工的な材料を使わずに、あなた自身の歯を白くする方法です。
漂白剤を歯に塗り、光を当てるといった簡単なものです。これを3?4回繰り返し行います。
歯科医院で歯科医師が行う安全な治療です。興味のある方は、お近くの歯科医院に相談されてはどうでしょうか?
フッ素って本当に虫歯に効くの?
フッ素は虫歯の予防に有効であると認められています。子供にも大人にも効きます。
その理由は、フッ素には次のような働きがあるからです。
・歯を構成するハイドロキシアバタイトの結晶の中の水酸イオンと入れ替わりにフッ素が結晶の中にはいるため、歯の結晶が、安定し、酸に溶けにくくなる。
・一度解けた歯のエナメル質の再結晶化が、フッ素により促進される。
・歯垢の中にフッ素が停滞し、虫歯の発育を抑制したり、酸の産生を抑制したりする。
医院によっては違いますが、フッ素塗布やフッ素液によるうがいなどの方法があります。
フッ素塗布ととはフッ素の入ったゼリー状のものを歯につけたり、フッ素の入った溶液を浸した綿を噛んだりします。金額は保険外診療ですが、3000円程度で受けることができます。
興味のある方は、一度歯科医にご相談されてはどうですか?
また、日ごろのケアーとしてフッ素が多く含まれる食品(わかめやのり、小魚など)をたくさん食べるのも有効です。

ページトップヘ


  • HOME
  • 院長プロフィール
  • 当クリニックの特長
    • インプラント
    • 金属床義歯
    • 審美歯科
    • インプラント 症例
  • よくあるご質問
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • 研究活動報告